BLOGブログ

スタッフブログ

Aug 22,2022

アイフィールド“と共にあらんことを

お疲れ様です。

“アイフィールド”の魅力を発信していくべく始まりました、社内ブログ企画。

今回は新卒入社、株式会社アイフィールド5年目、

業務部の前田が担当させてもらいます。

1.アイフィールドに入社した経緯

2.アイフィールドに入社してから今まで

3.これからについて

⬆︎の順で書き綴っていきますのでどうぞ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

それでは、始まり始まり…。

 

EP1.アイフィールドに入社した経緯

~空前の売り手市場~

就活生だった2016年、就活の採用選考スケジュールが変更、

景気回復といった影響で就職率が高く、当時は売り手市場と呼ばれていました。

空前の売り手市場。

 

さぁ自分はどうだったかというと、“全滅”でした。

第一希望、インターンシップに参加、最終選考まで通り感触も良好。

 

「俺の就活は終わった。さぁどこに友達と卒業旅行に行こっかな。」

なんて、考えていた矢先、一通の“お祈りメール“が。

 

6月末、周りは着々と就活が終わっていく中、振り出しに、、。

当時、母親から「もし就活がダメなら蕎麦屋で働きなさい。」

という謎のアドバイスをもらっており、蕎麦屋で働こうかと悩んでいる中、マイナビで目を引く求人広告が!

それが“千葉ジェッツ“とコラボしていた、『株式会社アイフィールド』でした。

 

千葉ジェッツというのは、国内のプロバスケットボールチームで、単位を取り終わり、毎日WOWOWでNBAを

見ていた学生にとって千葉ジェッツとコラボできる会社なんてどんな会社なんだろう。

 

そんな動機でマイナビから面接の予約を済ませ、集団面接の会場へ、いつも通りグループディスカッションで

書記を担当しよう。

そして、集団面接開始。ただ違和感が、

「ん?男子の人数、俺含めて2名しかおらんやん。」

あれ?アイフィールドって化粧品の会社かなんか?

なんやかんやとグループディスカッション終了。

同じ班で仲良くなった女の子と仲良くなってその後遊び、、。

 

※どうなったのか気になる方は1to1待ってます。

 

話が脱線しましたが、無事に1、2次面接を通過でき、

最後の社長との最終面接へ。

今でも覚えているのですが社長からの「夢はありますか?」に対して、

「スペインに行って、バルセロナのサッカーを観戦したいです。」

という不毛な回答をしてしまいましたが、無事に採用をいただきました。

 

千葉ジェッツとコラボしている、イベントプロモーション。

期待と蕎麦屋での就職がなくなった安心感そのままに、株式会社アイフィールドへ入所することとなります。

 

EP2. アイフィールドに入社してから今まで

~修行の道~

入社してすぐ、ウォーターサーバーのイベントプロモーション事業部へ配属となりました。

入社して半年間、催事営業を行いましたが、全く通用しませんでした。

 

今思うといい経験をさせてもらえたと思えるのですが、当時は全く契約も取れず、毎週全国の

ショッピングモールへ出張の日々。

 

入社したばかりなので、両親にも心配させたくないし相談もせず、体力的にも精神的にも厳しかったですが、

そんなときに踏ん張ることができたのは、アイフィールドの強みである、“人の良さ“。

 

当時の上司や、人事担当の方といったアイフィールダー※アイフィールド社員のことを呼びます※でした。

 

結果も出せない自分に、「諦めるなあと1時間頑張ってみよう」と励ましてくれたり、親身になって相談に

乗ってくれた存在がいなければこうやってブログを書くことはなかったと思います。

本当に感謝しかありません。

 

こうして半年間が経ち、新たに新規事業部へと配属になります。

当時、アイフィールドでは毎年、社員全員参加の新規事業コンテストが開催されていました。

新しい事業を生み出して、貢献していくんだと思っていましたがなかなか壁は高く。。

 

そんな中、当時の上司と取り組むこととなったのがRPAというロボットの開発でした。

RPAというのは、いわゆる「ア◯ロ。行きまーす。」という同じみのロボットではなく、ソフトウェアの

ようなツールで、エクセルへの転記や、印刷などなど、、

単純作業をRPAロボットへ実行させて、その余った時間で他のクリエイティブな業務(接客とか)へ時間を

かけていきましょう。

という取り組みでした。DX化というやつです。

※気になる方は1to1待ってます。

 

社内業務時間削減という目標へ向けて、数名の社員と一緒にひたすらRPAと向き合い、他部署の業務の

要件定義→ロボット開発→効果測定を繰り返していました。

苦労しましたが、何とか削減目標は達成。

 

このタイミングで新規事業部は、WEBシステム事業部へと名前を変え活動していく事になります。

WEBシステム事業部という新たな事業部の立ち上げに携わっていくことになり、「ローコード開発」の

ツールを代行して設計する、設計代行兼、BtoB営業を経験していきました。

BtoB営業の経験も、ITの知識もない中でありがたいことに色々な案件を任せてもらい担当させてもらい、

カクカクシカジカ。

※気になる方は1to1待ってます。

 

現在は、業務部という営業サポート業務を主に行う、スペースコンサルティング事業部のバックヤードとして

日々、イベントの申請やイベントの開催手続きを行う業務を行っております。

 

これまで培ってきた、ロボット開発等の知識を駆使し、業務のスリム化等を活かし働いており、バックヤードの

スペシャリストを目指し日々奮闘しています。

バックヤードの事業部として、期日に追われたりと大変な業務ですが、業務委託などが始まって、業務が

スリム化し残業時間が減ったりと、年々いい環境で業務をさせてもらっています。

以上がアイフィールドへ入社して今まででした。

 

EP3. これからについて

アイフィールド共にあらんことを

新卒で採用してもらい、入社して5年目。

減ってしまいましたが、心落ち着く同期の存在。

優しく、時には厳しく接してくる上司の方、釣れない釣りに一緒に行ってくれる、見たい映画に一緒に

行ってくれる、洋服をくれる、たわいもない話をしてくれる…

社会に出て初めての会社がアイフィールドで良かったと感じています。

 

アイフィールドはひとりひとりの意見を尊重したり、挑戦する期間を設けてくれたりして下さる会社で、

成長したいといった気持ちを尊重してくれます。

 

今年実家からようやく出まして、新しい環境で日々生活しています。

まだまだ未熟ですが、新しいことに挑戦していけるように、今までしてもらってきたことを返せるように。

これからも頑張っていければと思います。

 

長々と書き綴ってきましたが最後まで読んでいただき有難う御座いました。

これからも宜しくお願いします。