BLOGブログ

スタッフブログ

Sep 05,2022

俺がアイフィールドの 「灼熱王子」

【はじめに】

新卒1期生

アイフィールド5年目

SP事業部の美野田です。

サッカー歴10年

ラグビー歴3年

スポーツしかやってきてないので、勉強は得意ではありませんが、

やる気と熱意だけは誰にも負けません!!

 

今回、1番苦手な文章を書くことになった為、所々意味がわからないかもですが頑張って書いていきます!

 

こちらの3つの内容をお伝えしていきます!

・アイフィールド入社の経緯

・アイフィールドに入社してから今まで

・これから

 

【アイフィールド入社の経緯】

大学入学後、ラグビー部に入部。

めちゃくちゃガリガリだった僕は、試合に出せないと言われ、試合に出る為に筋トレをして爆食いの

毎日を送る。

 

今まで体重がほとんど変わったことがなかった僕はなんと

62㎏⇒74㎏の増量に成功!!

 

授業には全く出席しておらずラグビーの練習に明け暮れる毎日。

その後、3回生ですぐに退部…

そこからはスポーツ生活を送ってきた毎日から解放されてすぐにDJをするようになり

朝まで遊ぶ毎日…

 

遊ぶことに必死で何も考えていなかった僕は4回生で単位が無く、

『今のままでは卒業出来ない』ことに気付く…

一般的に就活は3回生頃から始めるかと思います。

 

ですが、僕の場合単位がギリギリになってしまい卒業出来るかかなり微妙なラインだった為、

就活をする時間を中々取れておらず、就活自体を始めたのは4回生の秋とかなり遅かったのです。

 

なので、面接に行ったのはアイフィールドと合わせて2社でした。

アイフィールドに決めた理由はかなりシンプルでとにかく2社程内定をもらえてたら一旦大丈夫だろう。

といった心境で内定をいただきました。

 

大学はギリギリ卒業出来ました(^^)

 

【アイフィールドに入社してから今まで】

その後、大学は無事に卒業。

2018年4月〜 新卒一期生としてアイフィールド入社

 

入社してすぐの印象は『嫌な人がいない』と思ったのが第一印象。

 

最初に配属された部署は

『ウォーターサーバー事業部』

ん?なにそれ?そんなんやりたくない。

まずそう思ったのを鮮明に覚えています。

 

自分は今までアルバイトをした経験もかなり浅く続いたこともなくかなりポンコツだった僕は

その当初もこんな会社一瞬で辞めてやろう。

 

そう思っていましたが、その反面、自分自身を変えたい自分も居たのでとにかく必死に先輩らに

負けじと食らいつきまくってました!!

 

でも、なんとか必死でしがみついていた僕は

入社3ヶ月にして

新人部門で全国1位を獲得!!

 

会社のリーグでも優勝

様々なタイトルをもらいました。(過去の栄光)

 

嫌々やっていたものの、向いてないこともないな!と思い楽しくやっていました。

その時に身に付いたのは、努力は裏切らない。

やればやるだけ身になるし結果に繋がるのだと。

頑張ることの大事さを1年目にして学ぶことが出来たのは、今後の自分にとって

非常に大きな時期だったと思います!

 

その後は、

新卒最速で役職者⇒チームリーダー と順調に出世していき、水道直結のウォーターサーバーの

新規事業の立ち上げメンバーとして、携わっていくことになり、

結果的にそれは上手くはいかなかったですがそれもそれでいい経験が出来たと思います。

 

しんどい事や辛い事、楽しい事色んな経験を経て、現在はまた2020年〜お店のお悩み全般を

解決するストアプロモーション事業部の立ち上げメンバーとして活動しております。

 

ストアプロモーション事業部は

・集客に困っている

・リピーターをUPしたい

・経費削減したい

 

等々、店舗様が抱えるお悩みを聞いて

それに合ったご提案をするという業務です。

 

コロナ禍で悩んでいる店舗様も多く

解決出来た時はもちろんお客様は喜んでいただける。

そして喜んでいただけたときは味わったことのないほどの達成感を味わえるということに

非常にやりがいを感じております!

 

【これから】

これからに関して!!

 

今までプレーヤーメインのポジションとしてアイフィールドに貢献してきました。

 

ですが、5年目になる今は

アイフィールドにとって重要なポジションを担い、アイフィールドの明るい未来のために

経営目線でも物事を考えていきながら

もっとアイフィールドにとって『価値のある』アイフィールダーになります。

 

そして、さらにアイフィールドの知名度をもっともっと上げて誰もが入社を羨む会社に

していきたいと本気で思っております!

 

アイフィールドはこんな熱い思いをもった方ばかりで今も楽しい毎日を送っております。

 

長くなりましたが、以上です!

 

次回もお楽しみに♪